とうとう訪れた愛犬とのお別れ

2021年05月01日
愛犬のこと
寝たきりになったギンジを夜通し撫でていました。

もうあまり意識もなかったと思います。

少し大きく早い呼吸が止まってしまわないように、ずっと見つめていました。

そして夜が明けてお昼を回ったころ...口が半開きになり、少しよだれが出ていました。

ネットで「よだれが出始めたら、お別れが近い」と読んでいたので、覚悟をしました。

その日は土曜日で、いつもならマル子は学校なのですが、その日はたまたまお休みでした。

なので、ずっと2人で見守ることが出来ました。(夫はコロナ蔓延地に単身赴任中で、帰ってこれませんでした。)

私とマル子がそろっている日を選んでくれたのが、寂しがり屋で甘えん坊なギンジらしいな...と思っているし、とても感謝しています。


そして午後4時ころ、突然早く大きな呼吸になり...「え?!」と思っていると、突然大きく伸びをし、大きく口を開けて...まるで魂を吐き出すようにして旅立っていきました。

2人でわんわん泣きました。

寂しくて、苦しくてどうしようもなかったけれど、同時にもう苦しい思いはしなくていいんだよ...お疲れ様...と思いました。


病気が分かった時、こんな日が来るのが分かっていたので、私は棺を事前に用意していました。

縁起でもない!と思われる方もいるかもしれませんが...キレイな姿で送り出してあげたかったから。

きれいな棺に、真っ白なお布団敷いてギンジを寝かせました。

そして、ありったけのお花を買ってきて棺に入れました。

花屋さんで「どんな用途ですか?」と店員さんに聞かれたので「ペットの棺に入れてあげたいです」と言うと、かわいい蘭をおまけでつけてくれました。

そのほか、寂しくならないようたくさんのひまわりやバラを入れました。

その夜、モモコは何度もギンジの棺を覗き...そばを離れませんでした。
共感したらぜひクリックをお願いします♪
応援してるよ!のクリックも大歓迎です。
にほんブログ村 にほんブログ村へ


近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!そう思っていた私の15年後のお話 - にほんブログ村



\  SHARE  /