ポツンな私の学校生活

2011年12月06日
私のこと
子供が知り合いのいない学校に入れば、親の私にも知り合いはいないわけです。

そんな私の学校生活も半年以上経ちました。

結論!

...ヒジョーにかいてき!!

最初はちょっとビビってたんですよ。

みんなが円陣組んでたらどうしようって。

もちろん、参観日の光景もあるけど、よくよく見たらポツンの人もたくさんいるし、よくも悪くも
PTA活動ってやつで、顔見知りはできます。

こんな私でも、なんとなーく会話できます。

本当は地味に、人とかかわらず生きていきたいのに、なかなか望むように生きられません。

昨年は保育園の保護者会会長、そして今年はPTAのバザー委員学年代表ってヤツに選ばれてしまいました...。

あみだくじを呪いそうな心境でした。当初はね。

でも、何回かミーティングに出席するうちに知り合いも出来て、バザーは先月末に無事に終わり、なんだかよく分からない連帯感が生まれました。

結果、やってよかったと思っています。

○○チャンママ~

と呼び合うわけでなく、ランチするわけでなく、会えば挨拶程度の関係の人たち。

でも、誰1人知り合いのいなかった私にとっては心強い存在です。

連絡先も、バザーの打合せのために交換しているので、なんでもない時に学校のことでメールできたりしています。

やっぱ、みなさんこの辺りの幼稚園や保育園出身なので、私が知らないこともたくさん知ってるし、ポツンの私のことを気にしてくれたりして色々教えてくれます。

皆さん、適度な距離を保ってくれる人達でとても安心しました。

今後も、私の人付き合いの基本は...

ミザル・イワザル・キカザル

人の噂や悪口は言わない。聞かない。

よそ様の境ことをジロジロ見ない。見えるところだけが真実なわけじゃないし。

境界線内に土足で踏み込まない。自分の価値観を押し付けない。

を大事に、これからも学校生活送って行きたいと思います。
共感したらぜひクリックをお願いします♪
応援してるよ!のクリックも大歓迎です。
にほんブログ村 にほんブログ村へ


近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!そう思っていた私の15年後のお話 - にほんブログ村



\  SHARE  /