近所付き合いをしていない私の、小学生になった娘は・・・?

2011年10月24日
私のこと
娘が小学生になって半年以上が経ちました。
本当にあっという間でした。

ずっと見ていただいている方はご存知だと思いますが...

井戸端会議と道路遊びがものすごいストレスになった私は、近所付き合いがなく、そんな中「放置子達と同じ小学校に娘を通わせる」という選択がどうしてもできず、「校区外通学」を選びました。

見事に知ってる子が全くいないまま娘は入学ました。

私の勝手な理由で、知ってる子が誰一人いない学校へ。

大丈夫だろうか・・・私の選択は子供にとっていけないことだったのか・・・

でも、そんな不安はすぐに吹き飛びました。

友達はクラスだけでなく他のクラスや上級生にもでき、毎日楽しく学校に通っています。

今でも、家に帰ると毎日道路でたくさんの子供が遊んでいます。みんな同じ小学校で、近い学年で。

でも、娘は寂しそうな様子もなく「自分も遊びたい」とも言いません。(そもそも全く意識していない感じです。)

私はずーっと、もう何年も「心の中で羨ましいと思ってるんじゃないか」とか悩んでいたけれど、それは私の勝手な想像だったのかもしれません。

そればかりか、

「こんな時間に遊んでて、いつ宿題するんやろー。ご飯もいつたべるんやろーね。」

と言っていました。(注:私は子供の前で近所の悪口とか、上記のこととかは言っていません。)

私は今、心底思っています。

この決断をしてよかった・・・って。

近所のことで悩んでる方の中には、自分のせいで子供まで馴染めなかったり、いじめられたらどうしよう、って思ってる方もいると思います。

でもね、子供はたくましいです。

そして、少数だとは思うけど自分(お母さん自身)がしんどいなら、こんな選択もあります。

こんな風に生きてるヤツがここにいます。

(近くの子とかかわりがない生活や同じ園の子がいないなど)最初は勇気がいる決断だったけれど、私達親子、新しい環境で頑張ってます。
共感したらぜひクリックをお願いします♪
応援してるよ!のクリックも大歓迎です。
にほんブログ村 にほんブログ村へ


近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!そう思っていた私の15年後のお話 - にほんブログ村



\  SHARE  /