私のこと

相続の手続きって...結構大変

人が1人亡くなると、しなければいけないことがたくさんあります。


祖母は超高齢だったので車や生命保険もなかったし、母(自分の娘)と同居していて、ほぼ全てのことを母が把握していたので、通常より手続きや変更はとても少なかったと思います。

それでも、市役所での手続き・年金の手続き・銀行(3つ)や証券会社、土地の相続の手続きなど、やらなければいけない事は結構ありました。


母はまだ現役で会社員として働いているので、手続きや書類を書くのは全然できる方だと思います。

でも、私(故人からして孫)が母に代わってできる手続きも結構あるので、それは手伝ってあげました。(委任状が必要なものもあります。)


まずは(亡くなった人の)生まれた時からの戸籍謄本の請求。

相続で必ず必要になります。

生まれた時から亡くなるまで、1つの市から戸籍を動かしていない人はいいけれど...なかなかそんな人いないですよね?

祖母の場合は生まれたところと亡くなったところは同じですが、間で2度結婚などで県外に本籍を移しているので、その県の市役所に謄本の請求をしなければいけません。(もし、何度も移動していている場合は1つずつさかのぼって調べていきます。)

市外への謄本の請求は郵送で出来ますが、地味にちょっとメンドクサイです。(定額小為替などでの支払いをします。)

自治体のHPなどで書かれていますが、1度電話で確認してから手続きすることをおすすめします。

ちなみに、この作業をしていてふと「隠し子がいたりしたら、きっとこの段階で分かるんだろうな...」などと思ったりしました。



そしてもう1つの私のミッションは、土地・建物の相続登記。

これは司法書士に頼めば(もちろん有料ですが)やってくれます。

内容や地域によって異なりますが、相場は6~10万円程度。

でも調べてみると”自分でもできなくはない...”とのことで、法務省のHPなどで確認をしてみたところ、できそうじゃね?と思ったので私がやってみることにしました。


地元法務局で予約制の相談会もありましたが、法務局HPにある作成例を見ながら書類の作成をして、必要書類は役所で取り寄せ提出。


1発合格で相続登記できました~♪


手続き(書類の作成)が難しいというよりは、必要書類の用意(取り寄せ)や、書類を作成するための説明書きを読むのが難しかったです。(専門用語が出てくるから...)

でも無事に完了し、これで司法書士の費用(6~10万円)が浮いたと思えば大満足!

なんでもやってみるものよね!


誰も褒めてくれないから、自分で褒めちゃう。

わたし、頑張ったね~。偉い!
関連記事
( 最終更新日: 2022.07.02 Sat )