銃口を向けるな

miki*

miki*

-
すっかり秋の気配の今日この頃。

夜は秋の虫なんか鳴いちゃって、ちょっとおセンチ...




ガッ!!!しかしっ!!!!!




道路が大好きな人たちにとっては絶好の道路遊び日和。

真夏が嘘のように、毎日毎日道路で遊んでいます。

親達もワラワラと出没し、井戸端花道復活。


私は毎日6時前に帰宅するのですが、道路に広がってる大量の親子。

そこを通る苦痛たるや。


昔はそれでも愛想笑いで会釈なんてしていました。

だって「一生住むかもしれない場所のご近所さん」だから。


だけどもう最近は嘘の笑顔も作れない。


昨日もね、母親達は道路の淵に座り込んでおしゃべり。

そのまわりで4・5人の男児が遊んでいたんだけど、私の車を見つけると...わざと飛び出そうとしてくる。

もちろん、こっちはかなりのゆっくりなのですぐ止まる。

安全を確認してまたゆっくり車が進みだすと、飛び出すマネをしてゲラゲラ笑う。





スーッと窓を開けて、


あぶないやろ! やめて!


と言ったら、遠くの方から親が「車来たらよけなさいよー」だとさ。



んでもって、家に帰って愛犬"銀次"をテラスに出してやったのよ。

そしたらば、しばらくして外から「シューッ」って音がするの。


見てみたら男児2人(バッティングマシーンの家の子供)が、銀次に向かってデッカイ水鉄砲(シュコシュコしてぶっ放すやつ)で銀次を撃ってた。



ちょっと!かわいそうやろ! やめて!!



と言ったら、逃げて行きました。



私も人の親。

ある程度の事は「子供だからしょうがない」って思ってあげられる方だと思う。

だけど、車の前にわざと飛び出そうとして来たり、強力ウォーターガンで人の家の犬を撃ったりするのってどうなの?

「子供だから、しょうがない」ってレベル、超えてるよ。

こんな行為を「子供だから、しょうがない」なんて思えるのは、やってる子供の親だけ。
関連記事

最終更新日2022-06-06
Posted by miki*