部活の引退

miki*

miki*

-
中高一貫校に通っているマル子は、入学してすぐからバドミントン部に入っています。


超絶弱小部活のため体育館での立場は弱く、いつも隅っこで練習しているそうです。(うちの学校では剣道部が強いので立場が強い!)

そんな感じなので人数も少なく、大会があれば全員出れます。

しかし...超絶弱小部活なので、ほぼ全員が1回戦敗退します。

そのため大会当日は早々に帰路に就くので、みんなで公園でランチしたり...とにかく男女・学年関係なく仲のいい部活です。


そんな部活も高校3年生になり、引退するときがやってきました。


この5年間、何度も大会に出たのに1度も買ったことがないマル子。

最後の試合は絶対に勝ちたい!ということで、試合1か月前からは遅くまで練習していました。


大会はゴールデンウィーク。(コロナの影響で見に行くことはできませんでした。)


私は正直あまり気にならなかったのですが...連休で帰宅していた夫は「もう終わったかな~」とずっとソワソワ。


しかし娘からは何の連絡もなかったので、早々に負けたのかな...と思っていました。


しかし、夕方帰ってきた娘は満面の笑みで


「1回戦勝ちましたー!!最後の試合で初勝利!!」


と、まるで優勝したくらいのテンション。


思わずそのテンションに、夫とともに大きな拍手で娘を迎えました(笑)


試合が終わった後に簡単な引退式があり、後輩たちが高3生の部員1人ずつにメッセージを書いた色紙を渡してくれたそうです。


おかげで、涙涙の引退になったようでした。


いい仲間とも出会えたし、自分が決めた部活を最後まで頑張ることができ、そして最後に初めて勝つこともできた。

なんだか青春だよね。

娘の机の前のホワイトボードには、ユニフォーム姿で皆で肩を組んでいる写真が飾られています。
関連記事

最終更新日2022-05-30
Posted by miki*