最近UPした過去記事
● ひろみちゃん (4/29 up)
● 
● 
● 

なぜ?なぜうちの子ばっかり?

miki*

miki*

-
2月末、肥満細胞腫の手術をした愛犬モモコ。


傷の治りもとっても順調で、(体の中に癌細胞が残っているかもしれないので)念のため飲んでいた分子標的薬(抗がん剤)の副作用の症状などもなく、今までと同じ生活を送っていました。


しかし、術前検査で少しだけ貧血気味なのを指摘されていたので(詳細は⇒コチラ)、念のためもう1度血液検査をしてもらいに病院に行きました。


「うん、よくなってますね~!」


と言われることしか考えていなかったのに。


先生から発せられた言葉は「赤血球・白血球・血小板の数値がととても低くなっています。大きな病院を紹介するので、至急受診してください。」でした。

加えて

「骨髄に異常があるかもしれない。分子標的薬(抗がん剤)の副作用の可能性もあるけど、ちょっと値が低すぎる。」

とも言われました。すぐに紹介先の病院に連絡してくれて、その日のうちに受診することが出来ました。


その病院までは、車で片道1時間。

運転中、血管肉腫(癌)で旅立っていったギンジのことを思い出していました。

「なんで?なんでうちの子ばっかり?」そんな思いでいっぱいになりました。
関連記事

最終更新日2022-04-19
Posted by miki*