最近UPした過去記事
● 
● 

ハーネスを付けた子

miki*

miki*

-
娘が帰ってくるなり

「今日帰りの電車で、子供連れのお母さんに席を譲ったんだよー。そしたらその子供がアンパンマンのお菓子をくれたー!」

と嬉しそうにお菓子を見せてくれました。

それは小さな子が食べる子袋に入ったビスケット。

娘が小さい頃に似たようなお菓子をよく食べていたなぁと、とても懐かしく思いました。




そして、そういって私にお菓子を見せた後に

「その小さい子ね、蜂さんみたいなハーネスつけてたよ!凄いかわいかった!あんなのあるんだね~。」と。

とてもかわいかったので、お母さんに「この蜂さん、とってもかわいいですね」と言ったら「ありがとう!」と言われたそうです。


娘がまだ小さかったころから、子供用のハーネスってありました。

うちは娘1人だし、手をつなぐのが好きな子だったので(必要がなく)使ったことはないのですが...その頃には「犬みたいでかわいそう」なんていう意見がありました。

そして娘の話を聞いて懐かしくなり検索したところ、現在でも変わらず「かわいそう」と言う人がいるとネットで見ました。

15年経っても変わらないものですね。


もし小さい子を育てているママで、通りすがりの人に「あら、そんなのつけられてかわいそうね~」なんて言われた人がいたら心の中で...


ウッセー、ババア。


とつぶやいておけばよし!と言いたい。

もちろん、ハーネスをつけているからと子供を見ずに携帯ばっか見てたり、紐を長ーくして使ったりするのは危険なのでダメだと思う。

でも、自分の子供の特性を1番知っている親が、飛び出しや迷子防止のためにつけるのに「愛」以外の理由ある?

他人の無責任な言葉なんて気にしなくていいんだよ、っておばちゃん全力で伝えたいです。


そんなことを思いながら、もらったアンパンマンのビスケットを2人で分けて食べました。

懐かしくて、胸がキュンとしました。

関連記事

最終更新日2021-11-24
Posted by miki*