家の値段

2010年07月07日
家の売却に向けて
現在、家の売却を2社にお願いをしています。

昨日、もう1件不動産屋さんに行って来ました。今までの2社は個人の所。昨日は大手チェーン。

もちろん、それぞれにいいところがあるわけで。大手のいいところの1つとして、やはり成約件数の多さがあると思います。そこで、昨日は色々と話を聞けたのですが・・・

めっちゃシビアな話でした。

私が住んでいる新興住宅地に、条件が似ている新興住宅地が市内にあるのですが、そこの成約状況を教えてもらいました。

はやり、うちと同じような分譲地なので、現在は築浅で売る人がほとんど。

故に、住宅ローンもたっぷりと残っているので、みなさん口を揃えて、「安くは売れないから・・・」と、少々高めで売りに出すそうです。

が・・・

全くと言っていいほど反響もないまま時が過ぎてしまうことが多く、結局はドンドン値段を下げていかざるを得ない。

そのドンドン価格を下げるというのが、非常によくないとの事でした。

最近のお客さんはよく見ているそうで、ドンドン下げている物件の「ドンドン」の過程も見ているそうです。

なので、そう言う物件は、結局最後買い叩かれる。

そうならない為にも、本当に売るつもりならあまり欲を出さず最初から、お客さんの目を引ける価格で出すのも大切だそうです。

売り手には、なかなか厳しい現状です・・・

なので、”売りに出した価格で1ヶ月反響がない場合にどうするか”も考えておいて下さい。と言われました。

我が家の場合は、来年に入学を控えているので時間がありません。

なので、次に値段を下げることがあるとすれば、もうやはりその価格が「売れる金額」でないといけない。

現在の売り出し価格は、この価格で売れたらいいなの価格ですが、今後、この価格でしか売れないになる時がくるかもしれません。そんな日が来ずに売れたら最高だけど。

不動産(家)を売却するって、本当に精神的にしんどいです。でも、これを乗り越えなきゃ前にはすすめないから...頑張る!
共感したらぜひクリックをお願いします♪
応援してるよ!のクリックも大歓迎です。
にほんブログ村 にほんブログ村へ


近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!そう思っていた私の15年後のお話 - にほんブログ村



\  SHARE  /