私にとっては大切なこと

2013年03月12日
私のこと
時々「どんなお子さんに育って欲しいですか?」と聞かれることがあります。

そりゃー親だもの。

色々期待しちゃったりします。

でも、それはグッとがまん。欲張ってはいけませんな。


ということで、私はとにかく娘に「強く優しい人」になって欲しいと思っています。

それをマル子本人にも言います。

1つ付け加えて。

”優しくて強い人" になってほしい。

そして ”いい子・いい人” にならなくていいから、素敵な子・素敵な人になってね”と。

もちろん見た目が素敵な人ではありません。

いい人にならないで!ということでもありません。

"いい人"と"素敵な人"の違いを上手に説明はでき根いけど

でも、私は憧れます。素敵な人に。


不定期でマル子と行くフラワーアレンジメントで、初めてのレッスンの時にマル子が「この花、いいにおい~!!」と言いました。

それを聞いた先生は、

「マル子ちゃん、お花は”におい”じゃなくて”香り”って言うんだよ~。」

とマル子に教えてくれました。

人によっては「どーでもいい事」かもしれないけど...私はそういうの大事だなぁと思い、教えてくれたことを感謝しました。


センスがいい人、素敵な人。

それはきっと急にはなれなくて、立ち振る舞いや話し方、頭の回転のよさや、穏やかな気持ち、
そして本人の努力、前向きな気持ちなどなど、積み重ねてきたものなんだろうな。

そう考えると「素敵な人になって欲しい」ってのは欲張りですね・・・

でも、親ちゅーのは欲張りなものだ!と思うことにします(笑)


私は子供のころ、とにかく母に褒めてもらいたかったから「いい子」を頑張りました。

結果、とてもしんどかった。そして、それでもなかなか褒めてもらえず、思春期には爆発してしまいました。

だから、認めてもらうためじゃなく、自ら輝ける子(人)になってほしいと思っています。

なんだかんだ言いましたが...子供にそう願うからには、まず私が「強く優しい素敵な人」になれろうようがんばらなくちゃ。
共感したらぜひクリックをお願いします♪
応援してるよ!のクリックも大歓迎です。
にほんブログ村 にほんブログ村へ


近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!そう思っていた私の15年後のお話 - にほんブログ村



\  SHARE  /